×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



野菜や果物のシリーズを描く以前から描いている作品です。
初期のころから比べると少しはマシになってきたでしょうか。
2000年代後半になってマジックや水性ペンを主に使用して描くようになりました。徐々にマジック使用の割合が増えていき、
現在では一部を除きほとんどマジックで描いています。
ほとんどの絵が一貫して白黒なのは皆さんに色彩を想像してもらいたいというのもあります。
ゲームで例えると、昔のゲームは単純な作りでしたがその分、想像力をかき立てられる作り・・・というか想像力で補っていました。
現在のゲームは声も出てビジュアルも綺麗です。ですがその分、悪い意味で世界観が固定化して想像力をかき立てられなくなってしまいました。
なので私のつたない絵が昔のゲーム的に想像力で補ってもらえるような作品であって欲しいと願って制作しています。

あとは現実的な話、画材を買うお金が当時(学生卒業後)なく、それでも絵を描き続けることを選んだ私は身近にあったボールペンやマジックで
描き続けました。油絵やアクリル絵の具は描くだけで下手すると一枚数万円しますので・・・。


 
   
   
   
   
   

 

22 23

     
     
     
     

とっぷにもどる